こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 神学部/神学研究科ホーム
  2.  > 教育・研究
  3.  > 基督教研究(『基督教研究』投稿規定)

基督教研究

『基督教研究』投稿規定

  1. 会員からの寄稿については、原則として、編集委員会(以下、委員会とする)が認める学会においてあらかじめその内容を発表し、相当な評価を受けたものを受け付ける。ただし、委員会が寄稿をとくに依頼したものについてはこの限りではない。
  2. 受け付けた原稿は、委員会において審査の上、本誌の目的に合致すると認めたものを掲載する。
  3. 原稿は完成原稿でなければならない。誤字・誤記等の多いものは完成原稿と認められない。また、校正段階において内容の変更が多い場合、委員会が完成原稿でなかったものと認めて掲載を中止することがある。
  4. 原稿料は支払わない。ただし、掲載された原稿の執筆者には抜き刷り30部を渡す。
  5. 原稿を受け付ける期限は、原則として、各巻の1号は3月末日、2号は9月末日とする。原稿を掲載する巻・号は、可能な限り所定の期限直後のものとするが、編集の事情によってそれ以後の巻・号になることがある。
  6. 原稿は横書きとする。また、原稿の字数は、注を含めて12,000字以上、24,000字以内を厳守する。
  7. 1ページ目に、表題、執筆者氏名、キーワード(5個程度)、要旨(400字程度)を日本語および英語で記す(これらは上記字数には含めない)。注は、原則として論文の末尾に一括記載する。参考文献表は原則として掲載しない。
  8. 単一論文の分割掲載は、原則としておこなわない。
  9. 原稿は、印字した原稿と、電子データの両方を提出する。投稿された原稿は返却しない。
  10. 原稿は印刷後、その電子データを「同志社大学蔵書検索」(DOORS)上で公開する。

.