こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 神学部/神学研究科ホーム
  2.  > 教育・研究
  3.  > 教員紹介(木谷 佳楠)

教員紹介

木谷 佳楠(Kitani Kanan)<助教>

同志社大学大学院神学研究科博士課程後期修了。博士論文は『アメリカ映画とキリスト教:110年の映画史』。日本学術振興会特別研究員(PD)を経て現在同志社大学神学部助教。専門は国内向けには文化と神学、国外向けには移民の宗教活動やアジアのキリスト教、エキュメニズムなど。日本基督教団の牧師として、アジアキリスト教協議会(CCA)や世界教会協議会(WCC)、アジア神学者会議(CATS)で日本代表の委員として活動している。

主要論文
「アメリカ映画におけるイエス像の時代的変遷」『基督教研究』第74巻・第2号(2012年).
“Invisible Christians: Brazilian Migrants in Japan” in Latin America between Conflict and Reconciliation, edited by Susan Flämig and Martin Leiner (Göttingen: Vandenhoeck & Ruprecht, 2012).
“Ethnic Identity and Christian Faith: The Growth of Pentecostal Brazilian Churches in Japan” in La teología de la liberación en prospectiva Congreso Continental de Teología (2012).
“Brazilian Migrants in Japan: Welcoming New Christian Members to Society and its Potential Impact on the Japanese Church” CTC Bulletin, vol. XXVII (2012).
木谷 佳楠(Kitani Kanan)
.